米国の電子商取引の売上、Amazonが約50%を占める可能性

シェアする

[Sponsored link]

米国の電子商取引の売上、Amazonが約50%を占める可能性

調査会社のeMarketerによれば、Amazonは今年2017年中には、電子商取引(e-Commerce)領域で、売上高32%増の1,618億ドル、アメリカの電子商取引売上総額の43.5%にもなると予想されています。(マーケットプレイスで第三者が行った売上げを含む)

top10us_e-commercesales

Amazonは2016年に38.1%の市場シェア、1,490億ドルの売上を達成していますが、これがYoYで43.5%、5.4%も上昇しており、もう少しLong Termで見てみると、2007-2016の10年間で毎年平均して約30%ずつ純売上高を成長させています。

eMarketerによれば、Amazonは現在、オンラインでの全小売売上の4%に近くなるとしており、アメリカの電子商取引の売上高は2017年末までに15.8%増の4,528億ドルになるとみています

各国のEC市場シェア、日本ではAmazonが楽天を0.1ポイント上回る

2017年7月31日に、日本貿易振興機構(ジェトロ)の「世界貿易投資報告2017」によると、Amazonは国内トップで20.2%のシェアになったとしています。

各国のEC市場シェア

各国のEC市場のシェア

※ 市場調査のEuromonitor Internationalが提供するオンラインデータベース「Passport」をもとに資料を作成

(参考)日本企業のECにおける販売先

国内ブランドイメージでも、Amazonが楽天よりも9位も上

国内のブランドイメージでも、Amazonが楽天を上回っています。
「ブランド・ジャパン 2017」の「総合力」ランキング 上位50ブランド コンシューマー市場(BtoC)編(⼀般消費者による評価)では、2016年に初めて首位を獲得した「Amazon」は3位に後退してはいるもののが、以前高い状況でした。

※ 「フレンドリー」、「コンビニエント」、「アウトスタンディング」、「イノベーティブ」という4指標から総合力にて算出

順位ブランド名総合力(偏差値)
2017201620172016
平均50.050.0
標準偏差10.010.0
112STUDIO GHIBLI スタジオジブリ92.879.0
23YouTube86.186.9
31Amazon アマゾン85.588.4
411Disney ディズニー82.479.3
57CUP NOODLE カップヌードル82.381.0
625NISSIN 日清食品81.773.5
768HEATTECH ヒートテック81.467.0
82Google80.487.2
98Häagen-Dazs ハーゲンダッツ80.180.8
10137-ELEVEn セブン-イレブン79.378.0
1115DAISO ダイソー78.977.4
1233楽天市場78.571.7
134キユーピー77.883.3
1448STARBUCKS スターバックス コーヒー77.769.2
1527SUNTORY サントリー77.673.1
1652YAHOO!77.368.8
1758Coca-Cola コカ・コーラ77.268.1
185TOYOTA トヨタ自動車75.981.9
1910Panasonic パナソニック75.379.5
2060meiji 明治74.868.0
2137セブン&アイ・ホールディングス74.771.3
2277Wikipedia ウィキペディア74.466.1
2367TOKYU HANDS 東急ハンズ74.267.3
2331MOS BURGER モスバーガー74.272.6
25173Kao 花王74.059.5
2649ヤマト運輸73.769.0
2722Calbee カルビー73.674.3
28111KAGOME カゴメ73.063.1
2940AEON イオン72.970.5
306UNIQLO ユニクロ72.781.8
3128Apple アップル72.472.9
3281FamilyMart ファミリーマート72.265.6
3364ガリガリ君72.067.9
3458SONY ソニー71.868.1
3551KFC ケンタッキーフライドチキン71.768.9
3653Mister Donut ミスタードーナツ71.568.7
37126KIRIN キリンビバレッジ71.362.2
3819glico 江崎グリコ71.175.4
3968MORINAGA 森永製菓71.067.0
4066丸亀製麺70.867.6
4144NIKE ナイキ70.669.5
4228dyson ダイソン70.572.9
4260宅急便70.568.0
4483CALPIS カルピス69.765.3
4595じゃがりこ69.664.5
4688キリン一番搾り69.364.9
4724iPhone69.073.6
48120ANA 全日本空輸68.862.5
4832MUJI 無印良品68.872.5
4818USJ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン68.876.4

※ 回答者数は約5万5000人

Amazon、日本での直近5年での成長率は平均で20%超

そうなると気になるのは、売上の推移ですが、こちらは比率は下がっているもののCAGRは直近の5年間でなんと20%以上。前年と比べた売上成長率が20%を超える他の企業でいうと、サイバーエージェントやスクウェア・エニックス・ホールディングス、Googleなどもそうですね。

Japan:Composition ratioと売上の推移

アマゾンの売上高推移(日本国内)

Amazon Net Sales Trend Data(2000-2016)

また例のごとく、エクセルでまとめております。

いかがでしょうか。にしても、アメリカという大国で、約50%のシェアを占める可能性があることはある意味脅威とも感じますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする