グローバルでのFintech市場は低迷?成長率はマイナス47%

シェアする

グローバルでのFintech市場は低迷?成長率はマイナス47%

本日、Fintech企業にも結構打撃にもなりそうな、銀行法改正案が本日自民党内でも賛成が取れたようです。(ロイター紙

そこで、ちょっと気になり始めて、グローバルでの投資はどうなのかな?と思ったら、年成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)はマイナス47%となっておりました。

マイナス成長となったFintech業界

マイナス成長となったFintech業界

KPMGによると、全体(投資と合併を合わせた数字)は、2015年の467億ドルから2016年の247億ドルに減少。

グローバルでのM&Aは、2015年の341億ドルから、2016年には112億ドルに減少し、ベンチャーキャピタルの投資額は、136億ドルで、前年度比7%増、件数にすると840件でした。

KPMG Pulse of Fintech q4 2016

主要地域別の成長率

US:アメリカ、カナダ

特にアメリカにおいて取引量が落ち込み、Fintechに投資した金額は50%減少しました。

主要地域別の成長率:アメリカ

Europe

2015年の109億ドルから、M&AとFintechへの投資はわずか22億ドルになりました。

主要地域別の成長率:ヨーロッパ

Asia

アジアだけは成長しており、2015年から85億ドル増加しました。

主要地域別の成長率:アジア

FintechのGoogle検索トレンド

Googleトレンドによると、よくわかりますね。。

Fintechの話題が急に落ち込んでいます。

グローバル

FintechのGoogle検索トレンド:グローバル

日本

FintechのGoogle検索トレンド:日本

なぜか急速に落ち込んでいますね。。

いずれにせよ、ざっとみると落ち込んではいるのですが、日本国内でいうと規制というところが大きなポイントになるかもしれないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする