RFIDの実用性

シェアする

RFID(Radio Frequency IDentification)とは、「電波による個体識別」のことである。
微小な無線チップにより人やモノを識別・管理する仕組みで、身近なものであると、非接触IDのICOCA、PiTaPaなどが挙げられる。
実は、結構前から個人的に注目していて、この技術が向上すれば流通がものすごく速くなると期待していた。
新しいビジネスにもつながるだろうね。

(詳しくは、wikipediaへ。)

それに、この技術があれば飲食業やアパレル業界、卸業などの在庫管理はより徹底して行われることになる。
もし、粉飾決算とかでイジっていればそれも露呈するかもね。w

いやぁ、本当にこれからの展開が楽しみですねぇー。

最後に…
最近Macが異常なほど欲しいのだが…
こんな記事を見つけた。

記事

Apple税か…。
でも、Appleのホームページとhttps://www.microsoft.com/ja/jp/default.aspxを見比べたら、Apple税も納得してMacを選ぶ人が多いのも事実。
いやぁー、クオリティってこんなにも差が付くものなんだね。
ちょっとフォントとか、画像とかを見てみてください。
「こだわり」が見えてきますよ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする