Google検索で嫌われない5つのポイントと検索エンジンの歴史

シェアする

[Sponsored link]

Google検索で嫌われない5つのポイントと検索エンジンの歴史

ユーザーにとって有益なサイトを強く望んでいる

Webを知っている人ならSEOという言葉を知っているでしょう。

サーチエンジン最適化という言葉は、もはや誰でも知っているかもしれない言葉になりつつあります。

SEOという行為そのものが当たり前に
なっていますし、これはもうサイト作成の基本であり、どのWeb制作会社、最近は個人レベルでも当たり前の概念になっています。

そこで、5つのポイントに入る前にSEOの歴史について、まず少し述べたいと思います。

『SEO』の背景

SEOという言葉が誕生した時は、ページに対して、『このページはこんな情報を持っています』という事をサーチエンジンに教える為に、HTMLタグをキチッと使うとか、見た目がばらばらでも、CSSで上から順番にキーワードを配備するとか、逆リンクを増やすといった、小手先技術が評価されました。

・タイトルをしっかりつける。
・ディスプリクション(metaタグ上)はページに合わせて付ける。
・画像はaltをつけよう。
・H1、H2と言った見出しタグを有効に使う。
・被リンク数を稼ごう。

Googleが誕生する前のロボット検索エンジンに対する最適化方法は酷いものでした。ページに含まれるキーワードの数とかに重きをおかれ、SEO済みアダルトサイトや掲示板が上位に出ていました。

どうやら、『SEO対策、SEOパック、SEOであれば!』とページのどこかに付けるだけで、検索結果で上位に表示されたらしいです。

スパム時代に突入

『Googleの検索エンジンで、検索結果の30ページ以内に表示されないと、そのページはWEBに無いような物』っていう既成概念が世界に広まります。

これを広めたのは、間違いなくSEO業者です。
小手先のテクニックを用いれば、偽装もできたりしてユーザーを騙すテクもありました。

暗黒スパム時代は終焉

Yahoo!はYahoo!に登録したところを中心に、検索エンジンにほどよく練り込むようになっていますし、Googleに関してはGoogleツールバーの統計や、同一のIPから、同一のキーワードを検索して、同一のサイトへ流れる動きも評価に使用していると聞きます。

こうなると、あとはバックリンクの数です。
これも検索エンジン側で少しずつ対策が入っているようです。
無意味に画像へ関係のないリンクを詰め込んで行われる、リンクかき集め大作戦ももう意味がなくなったそうです。

以上によって、小手先のテクニックを全て出し切って出来上がったサイト、リンク販売なんかもスパムとして扱われてしまうようになっているため、検索結果から消えるようになったわけです。
これによって暗黒スパム時代は終わりを告げます。

本題の5つのポイントへ

『その人の考え方』を考えて、サイトを最適化するってこと

つまり『ユーザーにとって望む情報があれば、検索結果の上位になる』ということです。

1.自然な被リンクを受ける

自作自演のリンクはNGです。リンクにも歴史があります。
ある特定の時期だけ集中的に被リンクがあるとか、明らかに不自然であるため、時間とともにコンテンツが増え、被リンクも自然に増えていくことが重要です。

2.ユーザーに役に立つ記事や情報であること

特に重視です。特にソーシャル周りでの影響度も参考にしていると私は考えているます。
2chまとめとかを最近目にしますが。あれはコピペの内容で、本来なら撃沈するはずですが、それ以上にソーシャルの影響が強いと思われます。

企業にとって言いたいこと=ユーザーが求める情報という事にならないのは当たり前だけど、そうしないといけない時代になってきているのは確かです。

3.オリジナル性の高いサイト

他のサイトとの違いをはかっているため、コピペはすぐに見抜かれます。
ただし、それによって検索順位に大きな変動を及ぼすものではないとは思います。

4.専門性が高く、情報が豊富

これも上記と同様です。このサイトは何のサイトなのかが明確であること、さらにユーザーに有意義であり、その情報が豊富に取得可能であること。これらを評価します。

5.更新頻度が高い

過去に渡って普遍的な情報はありつつも、これも重要なポイントです。
何がいつ更新されたのか、どこが違うのか、これもGoogleには筒抜けであるようです。

最後に

もちろん例えば、「無料」というキーワードを元に情報提供することがベストだけど、そういう問題ではありません。

商品の説明一つとっても、そこに価値を作れるかどうかは、いかにユーザーの視点で考えられるかという事になります。

だから、更新するならどうやって更新するか、どういう情報を定期的に更新する事がユーザーにとって有益なのか、という事を考えていくのはWEBコンサルティングで最も重要な働きです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする