助成金と補助金でできるWebサイト・ホームページ制作

シェアする

subsidy

最近、生ごみ処理機なるものを購入いたしまして、家庭用生ごみ処理機等購入費助成金交付申請を行いました。そこで、色々と調べていくなかで、世の中には実に数千種類の補助金・助成金が存在していることもわかりました。

今回は、中小企業のひとが活用できる補助金や助成金の中でも、WebサイトのリニューアルやECサイトの構築、インターネット広告などにも活用できるものを少しご紹介します。

補助金・助成金の違い

まずは、補助金と助成金の違いを知ることが重要です。どちらもいわゆる融資とは違い、国や地方公共団体から受け取ることのできる「返済不要なお金」のことです。

助成金

ある目的を実現するために、努力や工夫、制度の導入などを行った企業に対して交付される「ご褒美」と思っていただくとわかりやすいかと思います。つまり、そうした国や地方公共団体が示す受給の「要件」を満たしている場合は、原則だれでも受け取ることが出来るお金のことです。

補助金

一方補助金は、その名の通り「補助」するためのお金です。申請を出しても、書類審査や面接などがあり、受け取れない場合があります。

小規模事業者持続化補助金

日本商工会議所が行なっている、小規模事業者持続化補助金は比較的難易度の低い補助金です。

目的は「販路開拓等のための事業」あるいは「販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための事業」を支援することだそうで、原則50万円を上限として、補助率はその2/3。提出物の計画書作成に、商工会議所の指導・助言も受けることが可能です。

応募要項

(小規模事業者持続化補助金 応募要項より抜粋)

  • 新たな販促用チラシ、Webサイトの作成
  • ネット販売システムの構築
  • 新商品の開発
  • 商品パッケージ(包装)のデザイン改良
  • 新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する
  • 店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む)

ただし、その名の通り補助金であるため、申請を行う際には申請書のほかに「事業計画書」や「経営計画書」などの資料を提出の必要があります。

また今年度はすでに募集が終わっているので、来年度も行なってくれることを祈るばかりです。

ホームページ作成助成金

こちらは地方自治体が行なっている助成金です。お住まいや本社の所在地にもよりますが、地域限定の助成金です。ただし、金額の負担額は多少小さいものが多いようです。

一例ですが、少しご紹介しましょう。私もウェブサイトの支援を行なっておりますので、本件とからめまして、お気軽にご相談ください。

Contact
読み込んでいます...

足立区「ホームページ作成助成金」

対象者:足立区内の中小企業
助成対象経費:制作委託費・ソフト購入代(1種)・ソフトの解説本(2冊まで)
助成金額:上限7万円
申請期間:ホームページ制作日より一年以内

足立区/ホームページ作成助成金のご案内

足立区公式ホームページ

中央区「ホームページ作成費補助金」

(今年度はすでに終わっているようです。)

対象者:中央区内の中小企業・中小企業または個人事業主として創業予定の方
助成対象経費:新規制作費・現存のホームページの変更費用ほか
助成金額:【一般】総額の1/2以内(上限5万円)【創業予定】総額の3/2以内(上限6万円)
申請期間:5月・7月・9月(創業予定は5月のみ)※予定件数あり

平成29年度中小企業ホームページ作成費補助金についてのお知らせ

港区「ホームページ作成・変更費用補助」

対象者:港区内の中小企業、および商工団体など
助成対象経費:新規制作費・現存するホームページの変更費用
助成金額:対象経費の1/2以内(上限5万円)
申請期間:ホームページ制作前

ホームページ作成・変更費用を補助します

北区「ホームページ作成支援」

対象者:北区の中小企業
助成対象経費:新規制作費・現存するホームページの変更費用
助成金額:対象経費の1/2以内(上限5万円)
申請期間:平成28年4月~先着順

大阪府吹田市「中小企業ホームページ作成事業補助金」

対象者:吹田市内に主となる事業所を有する中小企業
助成対象経費:新規制作委託費
助成金額:対象経費の1/2以内(上限5万円)
申請期間:毎年年1回~2回実施※平成28年度の受付は終了

まち産業活性部地域経済振興室 市内事業者活性化のための補助制度

今回は、一部のご紹介でしたが、本社やお住まいのご住所でぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

私も上記のご支援でしたら、お力になれるかと思いますので、お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする