手のひらサイズの超軽量モバイルプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」

シェアする

手のひらサイズの超軽量モバイルプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」

兼ねてより打ち合わせとかで、小さなプロジェクターがあると便利だな・・・と思っていたところ、とても良さそうな製品に出会ってしまいましたので、思わず買ってしまいました。

ノートパソコンも持ち歩いていますが、こういうものがあれば、もはや手元のスマホとこれだけでプレゼンができてしまいますね。

モバイルプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」バッテリーでの駆動時間は最大5時間

2017/2/10にASUS JAPANより発売し、私めは2月下旬に注文、入荷し実際に手元に届くまで1ヶ月ぐらい掛かかったのが、こに手のひらサイズのモバイルプロジェクター「ZenBeam E1」です。

ASUS ZenBeam E1

ASUS(エイスース)と言えば、昨今家電量販店でも見ない日はないぐらい、知っている人は多いと思います。PCからスマホまで手がける、台湾の精密機器の有名メーカーです。

格安スマホをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

主なスペック

サイズ横幅83mm×奥行き110mm×高さ29mm
重さ307g
入出力端子
  • 入力端子:HDMI(MHL 2.0に対応するHDMI 1.3端子)
  • オーディオ出力:3.5mmステレオミニジャック
  • USBポート(デバイス接続用)
表示機能
  • 投写方式:0.2型 DLP®
  • 光源種類:RGB LED
  • 光源寿命(最長):30,000 時間
  • 解像度:854×480ドット(WVGA)
  • コントラスト比(通常時):3500:1
  • 明るさ:最高150 lm
  • 色域:100%(NTSC)
  • 最大表示色:約1,670万色
レンズ仕様
  • スローレシオ:1.4
  • 投影距離:0.5 ~3.7 メートル
  • 画面サイズ:16 ~120 型
  • ズーム:固定
オーディオ関連機能 スピーカー内蔵(2 W×1 )
シルバー
バッテリー
  • 内蔵バッテリー:5 V/6,000 mAh
  • バッテリー駆動時間:5 時間(明るさ50 lm時)
騒音値
  • 通常時:30dBA
  • 静音動作時(シアターモード):28dBA
主な付属品
  • ACアダプター
  • キャリングバッグ
  • HDMIケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証書

ドイツの「iF design award 2016」および「red dot design award 2016」を受賞したほか、日本では2016年度グッドデザイン賞を受賞しています。

大容量6,000mAhのモバイルバッテリーとしても使える

このモバイルプロジェクターのすごいところは、6,000mAhのモバイルバッテリーとしても使えることです。

いやいや、6,000mAhってどれぐらいですか?という方は、代表的なスマートフォンや、タブレットのバッテリー容量を記載しましたので、以下を参考にしてください。

スマートフォン機種バッテリー容量(mAh)充電可能回数

(ZenBeam E1で)

iPhone 71,960約3回
iPhone 7 Plus2,900約2回
Xperia X Performance2,570約2回
Galaxy S7 edge3,600約1.5回
iPad mini 45,124約1回
iPad Air 27,340約1回

おおよそ、こんな感じですが、モバイルプロジェクターが本来の機能なので、そちらの使用感をご紹介します。

一般的なプロジェクターと比べると、重さやサイズ感は圧倒的に勝ち

重さやサイズ感

ZenBeam E1とiPhone6を比較してみると、一目瞭然。若干iPhone6が大きいですが、ほとんど大きさは変わらないと言っても良いと思います。

またモバイルやミニプロジェクターと謳うことから、重さも会議室に設置されているようなよくあるものとは比べ物になりません。

zenbeamとiphoneを比較

一番気になる明るさは?

とすると、一番気になるのは明るさです。

一般的なプロジェクターというと、明るさは1,500から3,000lmくらいの明るさを持っています。

簡単ですが、人数とおおよその明るさの目安を記載してみます。

人数明るさ(暗い場所)明るさ(明るい場所)
50人未満2,000lm2,500lm
50~100人2,500lm3,000lm
100~150人3,000lm4,000lm
150~250人4,000lm5,000lm
250人~5,000lm6,000lm

つまり100人、150人の時は、3,000lmは必要ですが、いざ普通の打ち合わせの際は、実はこんなに要らなかったりするのです。

単純に100人で3,000lmだとすると、もう少し人数を小さな値で表にしてみます。

人数明るさ
 2人60lm
5人150lm
10人300lm
20人600lm
30人900lm
40人1,200lm

たとえばの単純計算ですが、5人ぐらいまではこのモバイルプロジェクターで十分まかなえそうですし、10人までならもしかするとこのプロジェクターでなんとかなるかもしれません。また、近距離での投影なら明るいところでも活躍してくれそうでした。

使い勝手のレビュー

まずは、開封すると、このようなセットになっており、写真にはないですが、ACアタプターとHDMIケーブルがあります。

ASUS ZenBeam E1使い勝手のレビュー
そして、電源ボタンは背面にあり、1秒ほど押せば給電モード、3秒と長押しするとプロジェクターが起動します。

同じ背面には、HDML1.3対応の端子とUSB2.0端子、ヘッドホン端子があり、それぞれに接続して投影します。

MHLにも対応し、変換アダプターをかませば、PCだけではなくiPhoneや私が使っているNexus 5xでの投影も可能(もちろんAndroid OSのスマートフォンも可能)ですし、HDML端子を備えたスティックタイプのPCやMiracastレシーバー/ミラキャストなどを接続して利用することもできます。Amazonの Fire Stick TVなども可能なはずです。

USB Type-C to HDML

Amazon Fire Stick TV

電源ボタンは背面にあり、1秒ほど押せば給電モード、3秒と長押しするとプロジェクターが起動

底には、カメラの三脚と同じネジ穴がありますので、たとえばミニ三脚と組み合わせることも可能です。

私はManfrottoのミニ三脚と、家で映画などをみるときは高さがないので、カメラでも使用しているVelbonの三脚が活躍してくれています。

三脚

実際に、家の壁で映画を投影してみたところです。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、かなりの大画面でも耐えれますし、字幕もキッチリみることが可能です。

ちなみに、自動台形補正機能というのが地味に便利で、設置場所などの問題で投写画面が斜めになってしまっても、自動的に投写画面を完全な長方形に補正してくれます。

また映像モードが4モード(バッテリー駆動時間優先モード/映画モード/プレゼンテーションモード/スタンダードモード)あり、上の4つのボタンから切り替えることも可能です。

実際に使って見て、まだ1週間程度ですが、これは便利です。おすすめです。

むしろ最近は、映画観賞とサッカー観戦をメインにしてしまっています。。寝転がって、天井に投影してみるととんでもなくぐうたらできます。

価格は35,330円(税込)です。私は、ヨドバシカメラさんから購入しましたので、10%ポイントがついて実質31,797円でした。

ただ在庫の切れが長く、とてもモヤモヤしたので、早く欲しい方は、Amazonさんで32,112円(記事作成段階)。この差なら、ほとんど一緒ですね。

ちなみにこの間ご紹介した、keepaを使うとこんな感じでした。

amazon keepa 価格変動

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする