ロキソニンが節税になる!「セルフメディケーション税制」を活用しよう。

シェアする

[Sponsored link]

確定申告・医療費控除・セルフメディケーション

2017年1月から新たに「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が施行されます。

厚生労働省の指定成分が含まれていたら節税できる

ビジネスパーソンも利用できる節税の新医療費控除制度で、厚生労働省が指定する成分を含む、薬局で買えるような市販薬を、一世帯で年間1万2,000円を超えて購入した場合、所得税の一部が戻ってくる、今まで自腹で購入していた市販のロキソニン等の購入費用が節税対象となるそうです。

今までの医療費控除制度と比べると、格段に対象となる範囲が広がってより身近な税制の一つになりそうです。

セルフメディケ―ション税制の対象となる市販薬

従来の医療費控除の対象では、年(1/1~12/31)に医療費として総額10万円以上支払いをした人が対象でした。つまり、10万円以上支払いをした人は、10万円を超える部分だけが所得から控除されるという制度です。

セルフメディケ―ション税制の対象となる市販薬

※ セルフメディケーション税制対象医薬品 成分名ごと品目数一覧:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000134363.pdf

このセルフメディケーション税制の対象では、特別枠が追加され、対象者が拡大します。
対象となる市販薬は、現時点で1,517品目(※ 平成28年8月17日時点)あり、どの製品が該当するかについても、購入者がわかりやすいように、対象製品に特定のマークがつくことになります。

セルフメディケーション税制の対象商品マーク

具体的にはどんな市販薬がつくの?

もしかしたら施行時には変わってしまうかもしれませんが、ざっとこういう商品が対象となるようです。

面白かったのは、バファリンEXはあったのですが、普通のバファリンはなかったとかでしょうか。

一覧は下記からご覧いただけます。(更新頻度が高いのでリンク切れなる可能性が高いので、厚生労働省のトップページも貼っておきます。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html)

確定申告は必要?

結論から申し上げると、確定申告は必要です。
つまり、レシートか領収書はきっちり保管しておきましょう。ということです。

  1. 商品名
  2. 金額
  3. 当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨
  4. 販売店名
  5. 購入日

上記の5点を満たすことが必要で、手書きの領収書でも上記を満たしていれば問題ないそうです。
とはいえ、開始は2017/1/1からなので、そのタイミングからレシート、領収書は捨てずに保管しておいてください。

-Sponsored Link-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする