WebマーケティングとDigitalマーケティングは何が違うのか?

シェアする

[Sponsored link]

WebマーケティングとDigitalマーケティングは何が違うのか?

最近、ウェブマーケティングという話だけではなく、Digitalマーケティングという言葉もよく耳にするようになりました。

感覚的に同じような意味と捉えている方は多いと思いますが、その2つの違いをご紹介します。

Webマーケティングとは

こちらはその言葉の通り「Web」におけるマーケティング施策のことです。

インターネットが普及と同時に、いわゆるホームページやWebサイトという顧客との接点を持つための主要チャネルの1つとしてあるウェブをどう活用するか?というお話です。

例えば、下記のようなものがWebマーケティングといえます。

集客施策(主なKPI:どれだけそのWebサイトに来てもらえるか?)

  • SEO対策
  • リスティング広告
  • アドネットワーク広告
  • ソーシャルメディアマーケティング(facebook、twitter等のSNS)
  • 他メディアへの広告出稿(純広告、ネイティブ広告など)

接客施策(主なKPI:どれだけユーザーが満足するか?)

  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(エントリーフォーム最適化)
  • Web接客ツール(チャットや効果的なタイミングでの誘導)

再来訪施策(主なKPI:いわゆる休眠復帰やリテンション)

  • メールマーケティング
  • リターゲティング広告

つまり、Webにおける最大のマーケティングメリットは、いかに「ターゲティング」ができるか?ということになります。

Digitalマーケティングとは

一方、Digitalマーケティングは、「Web」に拘ることなく全てのチャネルを通して顧客にアプローチするマーケティング施策です。

定義はこういうことなのですが、その括りは実はWebマーケティングと被ります。

例えばデジタルサイネージやiBeacon等、いわば「Webだけで完結するものではない、リアルも絡めたWeb施策」をDigitalマーケティングといいます。

わかりやすい例としては、良品計画の「Muji passport」でしょうか。

Digital時代におけるマーケティングの定義

デジタルの対義語であるアナログという言葉を思い浮かべると、なんとなく技術的に新しいマーケティングをDigitalマーケティングと言うのかな?と思っている方は多いと思います。

恒例(?)の歴史や偉人の言葉を借りると、、そもそもマーケティングの定義は何か?を追っかけてみたいと思います。

マーケティングといえば、フィリップ・コトラー(Philip Kotler)氏だと思うのですが、彼によるとマーケティングを最も短い言葉で定義すると、「ニーズに応えて利益をあげること」だそうです。

あまり綺麗な図ではないのですが、つまりはWebとDigitalではアプローチが違うと仮定してみました。Digital時代におけるマーケティングの定義

つまり、Webは始点がオフラインでかつマス、ニーズも低いところからスタートしたマーケティングであり、取りに行こうとしていたところがその一角であるのに対して、Digitalは、面を取りに行く施策で始点を選ばないというメリットがあります。

例を出すと、紙の資料をデータ化して共有する、という行為もDigitalの一歩かもしれないのです。

例を出すと、紙の資料をデータ化して共有する、という行為もDigitalの一歩かもしれないのです。

つまり、自分(「ダイレクト」)で「オフライン」で保有していた「ニーズ」のある資料を「オンライン」化することで、より「マス」向けに活用することが可能になるということです。

Digitalマーケティングにおいて、オフラインがとても大事にされているという理由は、そういうことになります。

最後に少し古い(といっても、2015年ですが、、)ですが、HTML ConferenceのYouTubeの動画が勉強になったので、シェアします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

フォローする